お知らせ

Kviz冊子はじめました

Posted
Kviz冊子はじめました

これまで『Kviz』に掲載されたコラムやイベントレポートを冊子にいたしました。
建築パース・ビジュアライゼーションのコンテンツをより読みやすくするために今後も定期的に冊子化していきます。

Kviz冊子vol.1はこちらからお申込みの上、ダウンロードいただけます。

vol.1は
noizさまに連載いただいている「建築設計におけるコンピューテーショナル・デザインの技法と応用」全6回のコラムの中から4回分を掲載しております。Rhinocerosと、ヴィジュアルプログラミングツールのGrasshopperを中心にとりくまれたプロジェクト実例を知ることができる貴重な内容です。

また、年に2~3回開催している建築ビジュアライゼーションMeetUpのイベントレポートから2編を掲載いたしました。ビジュアライゼーション制作(パース・VR・AR・xR・動画制作など)に興味のある方にオススメのコンテンツです。

Kviz冊子vol.1のコンテンツはこちら

  • 建築ビジュアライゼーションとは
  • 連載コラム 建築設計におけるコンピューテーショナル・デザインの技法と応用
    第1回:インスタレーションにおけるGrasshopperの活用法
    第2回:リアルタイム・ビジュアライゼーション 一回の体験は一千の絵に匹敵する
    第3回:2D展開できない立体造形物の作り方 ー 編み物を例として
    第4回:Dynamic representation of the design
  • イベントレポート
    2018年2月23日開催 建築ビジュアライゼーションMeetUp 第一弾
    「うれしたのしCGパースの作り方」
    2018年7月20日開催 建築ビジュアライゼーションMeetUp 第二弾
    「今、求められているビジュアライゼーション」