VR空間デザインコンテスト「VR Architecture Award」にKvizは協賛しています。

「VR Architecture Award(VRAA)」とは?

現実と呼ばれる「実空間」とインターネットが拓いた「情報空間」が融合し、「新たな3次元空間」が生まれるとき、人はどのように 豊かに生きていくことができるか――。
VRAAは、人類の生きる空間をみんなで考えるVR空間デザインコンテストです。

 

募集テーマ
「バーチャル・コミュニケーション」

2019年現在、ユーザーが自由に空間をアップロード可能なソーシャルVRプラットフォーム「VRChat」では、日々投稿される多くの「ワールド」が、アバターを介した人々の生活空間として急速に発展しつつあります。

この「ワールド」の特徴は、実空間では実現できないインタラクティブな3次元空間体験を生み出せるところにあり、人が生きていく空間そのものを刷新できる可能性に満ちています。

本コンテストでは、 VRが切り拓くコミュニケーションや活動、実空間とは別の可能性に満ちたVR空間を広く募集します。 人類の生き方や遊び方をアップデートするような夢のある「ワールド」を、誰でも自由に、気軽に応募してください!

登録期間: 2019年5月15日(水)〜7月15日(月)23:59まで
提出期間: 2019年5月31日(金)〜7月15日(月)23:59まで

コンテストの詳細・ご応募はこちら